おすすめの仮想通貨取引所と資産管理

仮想通貨投資を始めるには安心して使える取引所を選ぶことが大切です。2018年1月のコインチェック事件、2018年9月のZaifハッキング被害のように、取引所から保有しているコインがハッキングされることが無いようセキュリティに優れた取引所を開設することを強くお勧めします。セキュリティ体制が万全であり人気の高い、特におすすめの取引所を3つピックアップしました。

 

コインチェック事件を受け、今は資産の分散管理が当たり前となっています。下記取引所はセキュリティに優れていますが「100%倒産しない」「絶対にハッキングされない」ということではありません。万一に備え、購入したコインは複数の取引所に分散保管したり、ハードウォレットを導入するなど対策をしましょう。

 

1位 bitbank(ビットバンク)

bitbank
当サイトで人気No.1、手数料無料の国内取引所。コインチェック事件後、多くの投資家がbitbankを使っている。セキュリティ対策は万全でシンプルな操作性も支持を受けている。当メディア「CoinFast」も以前からbitbankをメインに使っている。XRP(リップル)が手数料無料で買える貴重な取引所であり、先日は1時間当たりのXRP取引高が世界No.1になるなど世界的にも知名度を上げている。

取扱い通貨:ビットコイン、リップル、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、モナコイン、ライトコイン

 

2位 GMOコイン


リップル(XRP)が買える取引所。お名前.comをはじめ巨大IT企業として有名なGMOグループにより運営。操作性に優れ、スプレッドも安い傾向にある。大手グループ会社であり破綻のリスクが極めて低いという点でも人気の取引所となっている。

取扱い通貨:ビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン

 

3位 BITPoint(ビットポイント)

BITPOINT
本田圭祐選手のCMでも話題のBITPoint(ビットポイント)。セキュリティが万全、各種手数料が無料の今人気急上昇中の仮想通貨取引所。リップル(XRP)など代表格5銘柄が購入可能。

取扱い通貨:リップル、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン

 

仮想通貨を買ったらハードウォレットに保管が理想



仮想通貨を買って、そのまま取引所に預けておくのは危険です。どんなにセキュリティに優れている取引所でも「コインチェック事件」のようなハッキングリスクは常に隣り合わせ。Ledger Nano Sならハッキングの心配がなく、最もベストな保管方法だと言える。リップル(XRP)やその他多くの通貨に対応。

 

なお、Amazonなどでは正規の代理店以外のお店が販売しているケースがあるので注意が必要。必ず上記画像URL先の日本正規代理店「株式会社Earth Ship」様にて購入することをお勧めします。