【噂】インド最大の電子決済サービス「Paytm(ペイティーエム)」がリップルを試している

【噂】インド最大の電子決済サービス「Paytm(ペイティーエム)」がリップルを試している

※こちらの記事はあくまでも噂です。

 

 

インドのデジタルウォレットサービスPaytm(ペイティーエム)が、Rippleシステムを使った支払いを試しているとの噂が流れている。Paytmはインドの電子決済サービス最大手であり、2016年の取引回数の合計は10億回以上、1ヶ月あたりのアクティブユーザー8,000万人超の急成長企業。Alipayを展開するAlibabaやソフトバンクもPaytmへ出資しており、世界中から注目されている企業だ。

 

インドでは2016年11月に500ルピーと1,000ルピー紙幣が廃止されるなど、現金依存からの脱却を目的として行われた紙幣改革によりキャッシュレス化が進んでいる。その追い風を受けたのがPaytmである。スマートフォンにインストールしたアプリから、携帯電話の利用料金や、水道・ガス・光熱費などの公共料金、航空券やメトロなどの交通機関、映画のチケットの支払いなどができ、キャッシュレス社会で見事に利用者を増やしつづけている。

 

このPaytmがRippleシステムをテストしているとなると大ニュースだ。ただソースは無く、投稿者は「PayTMのソースは秘密です。」と答えるに終始。こういった場合はデマであるケースが多く、残念ながら期待できる情報ではなさそうだ。

 

インドでは昨年AxisBank(アクシス銀行)がRippleNetを利用した国際送金を開始しており、インドでのRippleNetの輪は広がりつつある。大きなインド市場を巻き込むにはPaytmの参加は大きな大きな材料となるが果たして。

 

参考:https://www.reddit.com/r/Ripple/comments/7xb4cf/pay_with_ripple_in_india/?st=jdmu4sls&sh=56e184b3

リップル(XRP/Ripple)カテゴリの最新記事