リップル(XRP)61円。日足200MA上抜け。4月中旬と動きは似ているものの、週足MACDの条件は大きく異なる

リップル(XRP)61円。日足200MA上抜け。4月中旬と動きは似ているものの、週足MACDの条件は大きく異なる

 

XRPは現在61円台。現在は9月26日21時の63.98円レジスタンス上抜け待ち。日足200MA攻防中だが、本日このままいけば再度上抜けとなる。4月中旬も同様の動きをしていたが、大きく違う点が週足のMACD。

 

Advertisement

 

今回は週足MACDゴールデンクロスが完了しており、より上昇転換の確率は高くなっている。昨年末の暴騰から時間が経っている為、当然ながら時間軸としてもトレンド転換の可能性は、より高い。

 

 

1時間足、4時間足共に雲上で推移しており、状態は良好。直近の抵抗線を今日にでも上抜けしたいところだ。

 

また、XRP保有者待望のSWELL開催まで残り3日となった。昨年はSWELLによる暴騰とはならなかったが、モジャループ開発の公表など世界に衝撃を与えてくれた。今年は昨年とは違い、より実需に向けた環境が整ったと言える。

 

xRapidやRippleNetに関する重大アナウンスを期待している方は多いだろう。SWELLによる価格の押し上げはあくまでも期待値の含まれた動きである為、本来そこをメインに注目するべきではない。今現在のRipple社の取り組み、また、XRPが具体的にどのように、どれだけの人々に使われるのか、そういった現在のプロジェクトの進捗に注目したい。

 

Advertisement

リップル(XRP/Ripple)カテゴリの最新記事