仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)業務改善命令。フィスコ社からの50億円資金提供は9月末か

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)業務改善命令。フィスコ社からの50億円資金提供は9月末か

 

先日67億円相当のハッキング被害を受けた仮想通貨取引所Zaifを運営しているテックビューロ株式会社は、平成30年9月25日(火)、近畿財務局から業務改善命令を受けた。内容は下記の通り。

 

Advertisement

 

(1)流出事案の事実関係及び原因の究明(責任の所在の明確化を含む)並びに再発防止策の策定・実行
(2)顧客被害の拡大防止
(3)顧客被害に対する対応
(4)平成30年3月8日付業務改善命令及び平成30年6月22日付業務改善命令の内容について、流出事案を踏まえて、具体的かつ実効的な改善計画の見直し及び実行
(5)上記(1)から(4)までについて、平成30年9月27日(木)までに、書面で報告

 

テックビューロ社は、株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じ、50億円を提供する金融支援、資本提携等を検討する内容の基本契約を締結したが、この資金提供の時期が「今月末を予定している」とのこと。

 

Coinfastでは、以前Zaifを利用していたものの不具合等が多くここ半年は手を引いていた。自身の資金には被害は無いものの、国内大手取引所であり利用していた方も多いだろう。一刻も早い資金補償のアナウンスが望まれる。

 

Advertisement

仮想通貨カテゴリの最新記事