リップルが来月xRapidを稼動させ、もしそれが成功すればそのトークン(XRP)の上限は、空だけとなる。

リップルが来月xRapidを稼動させ、もしそれが成功すればそのトークン(XRP)の上限は、空だけとなる。

 

24日、forbes.comにてXRPの上昇について触れられているが、記事の締めには大胆な言葉が使われている。

 

リップルが来月xRapidをローンチし、もしそれが成功すればそのトークン(XRP)の上限は、空だけだ。

 

この記事ではリップルの全てを肯定しているわけではなく、中立的である。ただ、「少なくとも今のところ暗号市場全体を引っ張っているのはリップルだ。」との冒頭から始まる。Rippleの技術やXRPについての慎重な意見も記載されている。

 

  • 銀行はまだRippleの技術を稼動はさせていない。よって、この技術が実際に機能するという明確な証拠はない。
  • xRapidパイロットプログラムに参加しているいくつかの金融機関の明確な実績がありますが、これから重要な点は何もありません。
  • それでも、パイロットプログラムに関する大きな否定的なフィードバックはありません。

 

the sky is the only limit for its tokenとは大げさなと感じるものも多いだろう。しかし、現在の金融に革命をもたらす技術がRipple Solutionであり、それだけの可能性を十分に秘めている。数年後にXRP価格が50円や100円で終わっているならば、このプロジェクトは失敗だったと言えるだろう。

 

Advertisement

 

参照:https://www.forbes.com/sites/naeemaslam/2018/09/24/ripple-getting-ripped/#174f30b9511a

リップル(XRP/Ripple)カテゴリの最新記事