リップル(XRP)50円まで下落。日足9MAを底に上昇なるか。10月1日からはSWELLが開催される

リップル(XRP)50円まで下落。日足9MAを底に上昇なるか。10月1日からはSWELLが開催される

 

リップル(XRP)は21日に75円まで付けたが、強い下落の中、現在53円。日足200MAは下抜けしてしまっている。前回記事にてデータを載せた通り、12月上昇時はここまで大きな陰線は付いておらず、残念ながら今回は上昇に向け難しい状態となっている。

 

Advertisement

 

現在は日足9MAを底に上昇を期待する展開。9MAを守りたいが、もし抜けてしまえば1時間足200MAも48円周辺とすぐ近くに位置し、大きな下落を描いてしまう可能性が高い。

 

 

13時39分現在は15分足MAの攻防。このあたりで切り返したいところだが、状態はあまりよろしくない。

 

 

来週10月1日からはRipple社主催のSWELLが開催される。昨年は初日にオープンソース決済プラットフォームMojaloop開発の発表があったが、今年はどのような発表があるのか注目される。

 

 

もちろん、有名企業やサービスとの提携等大きなアナウンスがあり価格が上昇してもそれは持続的なものではなく、それらはあくまでも「期待」による買い圧となる。xRapidの本格稼働など持続可能な実質的な価格上昇が必要だ。

 

 

とは言え、XRP保有者からするとRipple関連のポジティブなニュースはいつでもwelcomeだろう。価格とは別に、SWELLを楽しみにしたい。

 

Advertisement

リップル(XRP/Ripple)カテゴリの最新記事