ビットバンク(bitbank)、マルチシグ・コールドウォレット運用管理について改めてアナウンス

ビットバンク(bitbank)、マルチシグ・コールドウォレット運用管理について改めてアナウンス

 

Zaifのハッキング被害を受け、国内大手取引所のビットバンク(bitbank)が、改めて顧客資産の運用についてアナウンスした。

 

Advertisement

 

コインチェック事件時も、ビットバンク社は同様に早期にアナウンスしたことは記憶に新しい。当メディア「Coinfast」も取引所のメインはbitbankであり、こうした顧客目線の対応は各取引所必要だと感じる。ビットバンクでは、ビットコイン、ライトコイン、リップル、モナコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、全てがコールドウォレットにて運用管理されている。マルチシグの適用状況も含め、下記の通りだ。

 

 

仮想通貨の管理については、「絶対」は無い。リスクはすぐ横にあり、取引所が徹底管理したとしてもハッキングのリスクは有り、同時に倒産のリスクもある。ハードウォレット、取引所、ペーパーウォレットなど、複数の管理方法をすることでリスクを分散することが大切だ。Coinfastの資産も、複数の取引所、ハードウォレット等分散管理をしている。

 

Advertisement

仮想通貨カテゴリの最新記事