Zaif(ザイフ)仮想通貨67億円相当のハッキング被害。現経営陣は退任方針

Zaif(ザイフ)仮想通貨67億円相当のハッキング被害。現経営陣は退任方針

 

国内大手取引所Zaifがハッキング被害に遭い、日本円で約67億円相当の資産が流出した。本日2018年9月20日2時15分、デックビューロ株式会社より「仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について」とのアナウンスが公表。

 

Advertisement

 

入出金用のホットウォレットを管理するサーバに対し、9月14日17時頃から19時頃までの間、外部からの不正アクセスが行われ、当該ホットウォレットで管理している仮想通貨(BTC、MONA、BCH)が不正に送金されたとのこと。

 

ハッキング被害により失った仮想通貨の種類及び数量は、ビットコイン(5,966枚)、モナコイン(調査中)、ビットコインキャッシュ(調査中)で、被害による損失の総額は日本円で約67億円相当。

 

JASDAQ上場企業である株式会社フィスコのグループ企業、株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じて、デックビューロ株式会社に対し50億円を提供する金融支援、株式の過半数を取得する資本提携、過半数以上の取締役及び監査役の派遣を検討する基本契約を締結した。

 

フィスコからの補償時期は未定、まずは顧客資産に対する一刻も早い対応が求められる。なお、現経営陣は問題収拾後、責任をとって退任する方針とのこと。

 

リップルをはじめとした仮想通貨が再浮上をみせようかというタイミングで、またも市場に水を差す残念な出来事となった。ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)共に発表のあった本日2時に相場は大きく下落したが、その後急激に回復し、元の上昇軌道に戻っている。

 

今年はじめに起きたコインチェック事件のような相場の弱さは感じられない。そういった意味では、これから数か月で上昇軌道を描ける強さを感じる現状の相場ではある。

 

Advertisement

 

「仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について(デックビューロ株式会社)「仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について」」:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000012906.html?utm_source=line&utm_medium=line_app&utm_campaign=20180920

仮想通貨カテゴリの最新記事