ウィンクルボス兄弟による「USD裏付け仮想通貨」、NY州当局にて初めて承認される

ウィンクルボス兄弟による「USD裏付け仮想通貨」、NY州当局にて初めて承認される

 

ニューヨーク州金融サービス局(DFS)は10日、ドルを等価で裏付けとするデジタル通貨である「ステーブルコイン(安定型仮想通貨)」2種類を承認した。この種のデジタル通貨では初めて取引を認められた。

 

Advertisement

 

承認されたのは、ウィンクルボス兄弟が立ち上げた仮想通貨交換所ジェミニが発行し、イーサリアムのブロックチェーンでやり取りする「ジェミニ・ドル」と、パクソス・トラスト・カンパニーの「パクソス・スタンダード」。

 

現行のビットコイン等はボラティリティが高く実用には程遠いものになっている。今回承認されたドルや金など安定した資産の裏付けがあるステーブルコインは、これらのリスクをヘッジする機能を持つ。

 

ウィンクルボス兄弟とは1981年8月21日生まれの双子のアメリカ人で、名前はテイラー・ウィンクルボス(Tyler Winklevoss)とキャメロン・ウィンクルボス(Cameron Winklevoss)。

 

ハーバード大学を卒業し、facebook CEOのマーク・ザッカーバーグとハーバード大学時代に関係があります。ご存知の方も多いでしょう。現在は、世界最大のビットコイン所有者とも言われるほどの、業界で影響力を誇る注目の人物。

 

ウィンクルボス兄弟の声明:

われわれがジェミニを4年余り前に創設した際の使命は単純だった。つまり通貨の未来への懸け橋を築くことだ。その最初のステップとして、これは仮想通貨の売買や保有が安全かつ簡単になることを意味している

 

Advertisement

 

参照:https://jp.reuters.com/article/ny-cryptocurrency-idJPKCN1LQ2Q2

仮想通貨カテゴリの最新記事