コインチェック、本日2月13日に金融庁へ業務改善計画を提出予定

コインチェック、本日2月13日に金融庁へ業務改善計画を提出予定

本日午前、コインチェックから日本円の出金が再開され無事着金したとの報告が続々と挙がっている。また、今日はコインチェックが金融庁へ業務改善計画を提出する日でもある。580億円相当のNEM流出後、1月29日に金融庁から業務改善命令を受け再発防止策や被害者への補償などについての報告を命じられていた。

 

  • 不正なアクセスを監視する回数を増やす
  • 仮想通貨を外部のネットワークと遮断された状態で保管する措置を拡充する

 

こういったセキュリティ対策の強化を行う見通しとなっている。今後のセキュリティ以上に「顧客資産の仮想通貨の引き出し再開」「26万人ほどのNEM流出被害者への補償」が目の前の焦点となり対応が注目される。

 

麻生太郎金融相:

「顧客の保護と、被害拡大の防止が大事だ。金融庁としては立ち入り検査などを通じてコインチェックの対応状況を十分に把握して、顧客の保護が確実に確保されるように取り組んでいく」

 

茂木経済再生担当大臣:

「仮想通貨を含む金融とIT技術を融合させたフィンテックは、低額な送金サービスなどで利用者の利便性や企業の生産性向上に資する。イノベーションの促進と、利用者保護のバランスを考えながら取り組みを進めていくべきだ」

 

参考:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180213/k10011326181000.html

仮想通貨カテゴリの最新記事