12/15ページ

12/15ページ
  • 2018.02.06

リップルCEO「XRP不要論」「アジア市場開拓」に言及

Ripple社のCEOブラッド・ガーリングハウス氏は、中国市場参入時の方針について言及。中国人民銀行を含む現地のパートナーと連携すると語った。   RippleNetが世界中で使われる為には、巨大なアジア市場を巻き込むことは絶対条件。その中でも中国は最も大きな存在であり、正規の取引機関とのパートナーシップは非常に重要なポイントだ。   ブラッド・ガーリングハウス氏は20年前、V […]

  • 2018.02.06

仮想通貨の保管、ハードウォレットが大人気。広まる分散管理

コインチェック事件を受け、保有通貨を取引所に置くリスクが認知された。そこで特に人気を集めているのがハードウォレットだ。   仮想通貨はパソコンにウォレットという自身の口座を作り保管・送金を行うが、この暗号鍵をどう保管するかが最も重要であり難しい。このハードウォレットを使うことでパソコンやネットから切り離して暗号鍵を保管することができる。   コインチェック事件でNEMがハッキン […]

  • 2018.02.05

コインチェック公式サイトから出川哲朗さんの画像・動画が削除

1月28日、コインチェック公式サイトからCM出演していた出川哲朗氏の画像と動画が削除された。 仮想通貨界隈でも出川氏のCM起用にはポジティブな声が挙がっていた。今まで仮想通貨を知らない層にもアプローチできるということで、今後の仮想通貨業界へのイメージ戦略として吉と出るだろうと見方が大半。   結果はご存知の通り出川氏にとっては最悪のタイミングでのCM出演となってしまった。CMがスタートし […]

  • 2018.02.05

アマゾンコインが基軸通貨になる?仮想通貨普及への壁。消費電力、資産保全、セキュリティ

仮想通貨技術は決済手段、送金手段として金融市場に大きな革新をもたらす可能性がある。一方で、皆さんご存知の通りいくつかの懸念点もある。   地球規模の問題としては、マイニングによる電力消費の問題だ。ビットコインのマイニングによる電力消費は年31テラワットに相当すると言われており、これはアイルランド国家における電量消費の23テラワットを上回る。19年までにはアメリカの消費電力を超え、20年ま […]

  • 2018.02.05

北朝鮮が韓国の仮想通貨取引所にハッキング。被害は数十億円規模

北朝鮮が仮想通貨を奪うために韓国の取引所などへのハッキングを繰り返している。被害額は既に数十億円を超えているという。   日本ではコインチェック事件により580億円規模の被害が発生しているが、世界を見渡すと数億円規模の被害は少なくない。仮想通貨は技術的には優れているものの、法定通貨同様一般的に使われる為にはセキュリティの面でまだ不安が残る。   一刻も早い、各取引所の万全なセキ […]

  • 2018.02.05

bitbank(ビットバンク)への銀行振込入金、19分で反映

現在、国内でリップル(XRP)を購入できる取引所は非常に少ない。使い易さや手数料の安さなど考慮すると現在オススメなのが筆者も使っているbitbankだ。   ビットコインをはじめすべての通貨が大下落真っ只中だが、買い増し用に銀行振込にて入金した。多くのユーザーがbitbankへ移行しており大混雑が予想されたが、僅か19分でアカウントへと日本円の残高が反映された。   今までも筆 […]

  • 2018.02.05

LISK(リスク)が中国大手取引所のHuobi.proに上場

  2月2日、LISKが中国大手取引所のHuobi.pro に上場。先日は国内最大手の仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)にも上場し、今後も期待できる銘柄の1つ。   HuobiはSBIとも業務提携をしている世界でも有数の取引所。現在LISK価格は2150円前後。     参考:https://medium.com/huobi-global/h […]

  • 2018.02.05

bitbank、イーサリアム(ETH)引出手数料を0.0005ETHから0.005ETHへ改定

コインチェックが使えない今、リップル(XRP)を取扱っている貴重な取引所bitbank。2月2日、ネットワーク手数料が高騰している影響を受け、イーサリアム(ETH)の引出手数料を0.0005ETHから0.005ETHの10倍に変更。   現在ETH価格は9万円前後の為、手数料は450円となった。   参考:https://bitbank.cc/blog/ethtxfee1802 […]

  • 2018.02.05

リップル(XRP)の価格は10万円になる可能性がある

ripplenews.techさんでは、理論的にはリップル(XRP)の価格は10万円を超える可能性があると予想されている。2月5日現在、XRPは100円前後なので今から1000倍以上上昇するポテンシャルがあるということ。未来は誰にも分らないが、これだけ潜在的な可能性があるということだけでもワクワクしてくる。   あくまでも理論値である為、いついつまでに実際に10万円になるという話ではない […]

  • 2018.02.05

サンタンデール銀行がRipple(リップル)のxCurrentを活用。一般消費者向けモバイル決済アプリをリリース

スペイン金融大手サンタンデールがRipple(リップル)のxCurrentを使い一般消費者向けにモバイル決済アプリを今年の第一四半期にリリースすると発表。対象国はスペイン、イギリス、ブラジル、ポーランドの4ヵ国。これにより「3クリックで40秒以内」の決済が可能となる。   使用されるのはxCurrentというRippleの銀行向けソリューションでありXRPではないが、RippleNetが […]

1 12 15