韓国人が仮想通貨に熱狂しているワケ。億万長者となるか、破産者となるか。

韓国人が仮想通貨に熱狂しているワケ。億万長者となるか、破産者となるか。

コインチェック事件は韓国でも話題だ。「日本で史上最大の仮想通貨ハッキング。技術が上がるほど影も発展。」と大きく報道されている。

 

韓国での仮想通貨熱は世界一と言っても過言ではない。韓国国内の株式市場における一日の平均取引額は約3000億円だが、仮想通貨に至っては約6500億円。世界のビットコイン取引の約2割が韓国で行われたというデータもある。

 

特に韓国で仮想通貨投資に熱を注いでいるのは若者だ。「ワイズアプリ」の調査によるとビットコインの取引層は30代が30%を超え年代別で1番多い。続いて20代の24%と、20代30代で過半数を占めている。

 

彼らは「仮想通貨を人生逆転の機会」と捉えているという。日本でも同様の現象が起こっているが、より顕著に表れているのが今の韓国である。韓国は取引所の開設に際し、日本ほど厳重なチェックがなされていなかった。

 

これにより一部では韓国の取引高は中国人によるものが大きいともいわれているが、いずれにせよ韓国の若者による熱狂が凄まじいことには変わりない。

 

億万長者となるか、破産者となるか。先行きを見守ってゆきたい。

 

参考:http://s-korea.jp/archives/27466

仮想通貨カテゴリの最新記事