リップル(XRP/Ripple)

5/5ページ
  • 2018.02.07

リップルの技術をテストしている5つの企業

2017年、XRPは35500%以上の価格上昇を果たし世界中にその存在が知れ渡った。「仮想通貨=ビットコイン」というイメージも変わりつつある。   リップルは数ある仮想通貨の中でも、最も実稼働に近いものでもある。Rippleとパートナーシップを結んだ企業は既に数多く、その中でも下記5つの有名企業の存在はRippleの知名度を高める為にも非常に大きな存在となっている。   Ame […]

  • 2018.02.07

リップル(XRP)は中央集権的で酷く欠陥がある

BitMEXの”The Ripple Story”という記事が話題となっている。リップルの歴史が記載されているのだが、焦点はリップルのコンセンサスプロトコルに関する批判的な内容だ。   「もちろん、集中型システムには何も問題はありません。圧倒的多数の電子システムが集中化しています。集中化により、システムの構築が容易になり、効率的で、迅速で、安価に実行でき、二重支出 […]

  • 2018.02.07

リップルCEO「XRPはビットコインより1000倍速く、取引を1000倍安価に」

XRPは昨年12月から今年1月にかけて大きく価格を上げたが、将来の成長にはまだかなりの可能性がある。Rippleの他の通貨に対する利点は、わずか数秒で完了する送金処理能力の高さだ。現在国際送金市場を牛耳っているSWIFTのシステムでは、着金までに最長3日間かかる。   Ripple CEOのBrad Garlinghouse氏はNBCとのインタビューで下記のように述べている。   […]

  • 2018.02.06

中国銀行(Bank of China)がリップル(XRP)実装計画を発表。総資産292兆円の巨大銀行

Bank of China(中国銀行)が、XRPの実装計画を発表した。XRPを活用した銀行間での送金ソリューションを計画しているとのこと。世界でも総資産5位に位置する世界有数の銀行であり、実際にXRPを使った送金フローが稼働すれば大きな影響を与えることは間違いない。   他の銀行と同様に中国銀行も送金の速さ、低コストなどリップルの有用性に注目している。   中国は仮想通貨に対す […]

  • 2018.02.06

CoinbaseにXRPが上場した場合50%の上昇は確実。実需としての価格形成がリップルの本来の姿

昨年末、XRPがCoinbaseに上場するかもと話題になったが、Coinbaseの公式アナウンスによりその可能性は一時的に絶たれた。しかし将来的な取り扱いの可能性はまだ十分にある。時価総額として上位に位置し続けている出来高の大きな通貨を取り扱わない理由はあるだろうか。   こちらは昨年12月22日執筆の記事ではあるが、各通貨へ与えるCoinbaseの影響力は現段階でもそう大きくは変わらな […]

  • 2018.02.06

リップルCEO「XRP不要論」「アジア市場開拓」に言及

Ripple社のCEOブラッド・ガーリングハウス氏は、中国市場参入時の方針について言及。中国人民銀行を含む現地のパートナーと連携すると語った。   RippleNetが世界中で使われる為には、巨大なアジア市場を巻き込むことは絶対条件。その中でも中国は最も大きな存在であり、正規の取引機関とのパートナーシップは非常に重要なポイントだ。   ブラッド・ガーリングハウス氏は20年前、V […]

  • 2018.02.05

リップル(XRP)の価格は10万円になる可能性がある

ripplenews.techさんでは、理論的にはリップル(XRP)の価格は10万円を超える可能性があると予想されている。2月5日現在、XRPは100円前後なので今から1000倍以上上昇するポテンシャルがあるということ。未来は誰にも分らないが、これだけ潜在的な可能性があるということだけでもワクワクしてくる。   あくまでも理論値である為、いついつまでに実際に10万円になるという話ではない […]

  • 2018.02.05

サンタンデール銀行がRipple(リップル)のxCurrentを活用。一般消費者向けモバイル決済アプリをリリース

スペイン金融大手サンタンデールがRipple(リップル)のxCurrentを使い一般消費者向けにモバイル決済アプリを今年の第一四半期にリリースすると発表。対象国はスペイン、イギリス、ブラジル、ポーランドの4ヵ国。これにより「3クリックで40秒以内」の決済が可能となる。   使用されるのはxCurrentというRippleの銀行向けソリューションでありXRPではないが、RippleNetが […]

  • 2018.02.02

アメックスがリップル(Ripple)を実装

American ExpressがRippleを使用した即時支払いシステムを実装した。この取引はまだ一部の法人顧客に限られているが、今後より幅広い利用へと使われることは間違いないだろう。   筆者もXRPへと投資しており、リップル社の動向は注意深く観察している。Googleを始めとした多くの企業が出資、提携をしており数ある仮想通貨の中でも最有力の1つだと言える。   コインチェ […]

  • 2018.02.02

SBIリップルアジア先導「証券コンソーシアム」発足。証券業界が一丸となる

証券会社を中心とする18社は、1月30日に「証券コンソーシアム」の発足を発表。銀行間で発足していた内外為替一元化コンソーシアムも注目を集めているが、こちらも同様大きな注目を集めそうだ。   証券コンソーシアムでは、分散台帳技術(DLT)はもちろん生体認証、人工知能等の先端技術を活用した新たな金融インフラの検討を行っていく。   現在のメンバーは、今村証券、岩井コスモ証券、エイチ […]

1 5