サイバーエージェントが仮想通貨取引所参入を断念。2019年中に独自の仮想通貨発行を予定

サイバーエージェントが仮想通貨取引所参入を断念。2019年中に独自の仮想通貨発行を予定

現在、仮想通貨取引業への参入待ち企業は100社を超えていると言われているが、その中でも業界で注目を集めていた企業の1つ、サイバーエージェントが仮想通貨取引所の参入を断念した。1月のコインチェック事件後、金融庁による交換業者とみなし業者への監督を強化。そのあおりを受けるかたちで、取引所新規登録のハードルは極めて高くなっている。

 

資本が小さく、セキュリティ対策に満足に取り組めない企業の参入は望まれないものの、サイバーエージェントのような業界を牽引しうる企業の参入断念は少々残念ではある。現在は仮想通貨は日常で使われているケースは極めて少なく、投機目的として価格が動いている状態だ。仮想通貨の普及を考えると一般への浸透は不可欠であり、CA社のように認知度の高い企業の参入は一つ大きなポイントとなるはずだ。

 

サイバーエージェントは仮想通貨関連事業への参入を断念する訳ではなく、「独自の仮想通貨を通じてサイバーエージェントの経済圏を広げていくため、引き続き努力していく」と語っている。

 

参照:https://www.businessinsider.jp/post-165912

仮想通貨カテゴリの最新記事